ドラクエ9セリフ集

15.ナザム村

登場キャラクター

  • サンディ

  • ティル

  • 村長

  • ラテーナ

  • 魔物

  • 幽霊

ナザム村

え~ なに?なに?ナイン……!
ま まさか死んじゃったの?てか天使なんだからこれぐらいで死なないよね……?


ねえねえ……。だいじょうぶ?

こうなったら!

(サンディがナインを小突いて動かす)

この人すごいケガしてるけど生きてるよ!
はやく助けなきゃ!!

(村の住民がうろたえる)

……なんでみんな見てるだけなの?いいよっそれならボクが助けるよ!
しっかりして おにいちゃん!

村長の家

ずっと寝てるんですケド……。どうしたの?みたいな。てか起きて!

(ナインが目を覚ます)

やっと起きてくれたわね。ちょーあせったよ。ふう……よかった……。
……って安心してる場合じゃないんですケド!
あんたのお師匠さんとやらが黒いドラゴンに乗って女神の果実をどこかへ持ってっちゃったのよ!!
それってヤバくね?あの黒いドラゴンをはやく追いかけなきゃだよ!
ホラ起きて起きて!!

よかったよかった!気がついたんだねおにいちゃん。
ケガがひどかったからもうダメかと思ったけどほんとうによかったよ!
ボクはティルっていうんだ。おにいちゃんの名前は?
そっかそっかナインさんっていうんだね。
ついさっきのことだけど おっかない黒いドラゴンが村の上を飛んでいったんだ。
そのあとナインさんが村の川のところに流れついていたのをボクが見つけたの。

む 気がついたのか。

はい おじ……村長さん。もうだいじょうぶみたい。

ケガが治ったのなら夜に教会に来い。そこで寄り合いを開くがおぬしにも話を聞かせてもらうぞ。

えっ?なんでナインさんを寄り合いに呼ぶの……?

ティル。おまえも今はこの村の人間なのだ。文句は言わさん。

……。

いいな?夜に教会に来るのだ。それまではこの村にとどまることを ゆるしてやる。

ごめんねナインさん。そういうことだから……。

村の人々

私は旅の詩人です。この村にはいろいろと伝説が眠っていると聞いてやってきたのですが……
よそ者のわたしは村の人たちからまったく相手にされずなにひとつ教えてくれないのです。

黒い竜が炎を吹きながら空を飛んでいるのを見たんじゃ。なんと おそろしい……。
かつてこの村は黒い竜にほろぼされかけたと言われとる。
まさかあの竜がその時の黒い竜じゃというのか!?

夜の教会

来たか……。おぬしに聞きたいことというのは他でもない。黒いドラゴンのことだ。
黒いドラゴンが現れそしておぬしがこのナザムに落ちてきた。これがどういうことか……。
さあ答えてもらおう!おぬしとあの黒いドラゴンにはなにか関係があるのではないか?

  • >はい

    ……ほう。おぬしは黒いドラゴンにおそわれてこの村に流れついたとそう言うのだな。

  • >いいえ

(村人A)そんなこと信じらんねえ!ドラゴンにやられて生きてるなんざ ありえねえべよっ!

(村人B)だいたいよそ者の言うことだよ?ウソをついてるに決まってるさっ。

おぬしがあの黒いドラゴンの仲間であるという可能性もわしらは考えねばならんのだよ!

ちょっと ちょっと まってよ!

(ティルが寄り合いに乱入する)

ナインさんの言うことをなんでみんな信じてあげないのさ!

……よそ者だからだ。

よそ者よそ者ってよればっかり!もういいっ もういいよっ!!

(ティルが走り去る)

あの黒いドラゴンはドミールの方向へ向かったように見えたが……。
かの地にいるという空の英雄グレイナルなら いざしらず ただの人間になにができる。
グレイナルの助けをかりれば のぞみもあるかもしれんが それもかなわぬことなのだ。
とにかく なにごとも起こらぬうちに この村から出ていってくれ。


ティルはこの村に引きとられてきたばかりで なじんでおらんだけだ。
自分をよそ者と感じているのだろう。だから同じよそ者のおぬしに みょうに かたいれしているのだ。
ティルのヤツがおぬしによけいなことを言わなければいいのだがな……。

(村人A)黒いドラゴンなんか伝説の中にしか出てこねえと思ってたべよ。
昔世界を支配しようとたくらんだ悪い帝国が黒いドラゴンをあやつって そうとうな悪さをしたらしいべ。この村も黒いドラゴンにおそわれたと言われちゃいるがオラはそれだって信じてなかったダメよ。

(村人C)空の英雄グレイナルにあの黒いドラゴンのことを伝えられりゃあなあ……。
だがドミール火山に行くには村の西にある底なしの谷……。竜の門をこえなきゃならないんだ。
はるか昔は谷をこえられたらしいが今じゃそんなことはできやしないぜ。

(村人D)この村はな……。かつてほろびかけたことがあったらしいんじゃ。
ある日よそ者の男を村の女が連れてきおってな。その男のせいだと言われておる。
じゃがその男にはつばさがはえていたなどという話もあってな。どこまで信じてよいのか……。

希望の泉

あっナインさん?ボクを探しに来てくれたんだね。ごめんね村を飛びだしたりして。
ナザムの人はよそ者キライなんだ。ずっと昔 村の女の人がよそ者を連れこんでひどい目にあったから。
ボクもよそ者なんだよ。とおい町からしんせきの おじさんに引きとられたの……。
ナインさんも村から出ていけって言われたんでしょ?これからどうするつもりなのかな。
あの黒いドラゴンを追っかけてもまた やられちゃうかも……。

そうだ!ドミールにいるっていうグレイナルに会えばチカラをかしてもらえるかも!?
それにはドミールに行かなきゃいけないけどボクいいことを知ってるんだ。
村の人たちがヒミツにしているナザムの言い伝えをボクがナインさんに教えてあげるね。

ドミールへの道をめざす者 現れし時。像の見守りし地に封じられた光で竜の門を開くべし……っていうの。
像の見守りし地ってのは ここからずっと西にある魔獣の洞くつって呼ばれてるところらしいんだ。
でもその洞くつの入り口は封じられていて それをとく方法はだれも おぼえていないんだって。

……ごめんね。かんじんなところで ナインさんの役に立ててないや ボク……。
なんだかくやしいな。村に帰ってナインさんのためにできることがないか 探してみるよ!

(ティルが走り去る)

希望の泉の出口

またここへ帰ってきてしまった……。あの人を見つけることもできずに。
あなたはどこかで……。
あなたには私が見えるのね。これまでだれも私には気づくことはなかったのに……。
私の名前はラテーナ……。ひとつお願いを聞いてほしいの。今のわたしにはできないことだから……。
ナザム村においてきてしまった たいせつなものを 見つけてきてほしいの。
守護天使の像……足元を探して。そこに かくしたはず。
お願い……。見つけてきて……。

ナザム村

ナインは像をしらべた。
長い間のざらしにされた守護天使の像のようだ。

このボロッちいのが守護天使像?これの足もとになんかがあるって あの女のゆうれいが言ってたっけ。
どれどれ……。
なにもないんですケド!ナインあんたもぼーっと見てないでしらべてみなさいって。

ナインは守護天使の像の足元をしらべた。
しかしなにも見つからなかった!

やっぱ なにも ないよね……?アタシたち もしかして だまされた?

あれあれっナインさん?ねえねえ なにしてるの?
この守護天使さまの像がどうかしたの?あっ もしかしてこの像になにか すっごいヒミツが!?
えっちがうの?この像の足元になにかが 埋まってるはずだって?
でもでも 見つからないんだ?ふ~ん……。

あのさ あのさ。ボク前から思ってたんだけど……。
ボクがいた町だとさ。守護天使さまの像ってとっても目立つところにあって みんなに だいじに されてたよ。
なのにこの村じゃこんなところで ほったらかしに されたままでさ。おかしいと思わない?
だからさ。この像もホントは別のところにあったんじゃないかな?
もっとキレイでもっとみんなが集まるところで たいせつにされてたとボクは思うんだ!

あっ ボク おじ……村長さんに買い物たのまれてたんだった!
あれっなにを買うんだっけ……。もう一度聞いてこよう……。

……変な子。
でもこの像はほかのところに……か。お子さまの言うことだけどなんとなくナットクできるカンジ?
ここにないのは たしかだし ほかのところも探してみましょ。

教会

ナインは石碑をしらべた。
村にわざわいをもたらした いまわしきものに代わりて この碑を残す。
人にたよってはならない。みずからが知らぬ者 知らぬチカラに。
ナインは石碑の下にすきまがあるのに気がついた。石碑の下をしらべてみますか?

  • >はい

    石碑の下で何かが光った!
    ナインは石碑の下をさぐってみた……。
    なんとナインは石碑の下から首かざりを見つけた!
    ナインは星空の首かざりを手に入れた!

  • >いいえ

    (なにもなし)

希望の泉

私のお願いしたもの見つかったみたいね。
それはあの人が私にくれた たいせつな首かざり。
天使が近くにいると光を放つってあの人が言ってた……。
まさかと思ったけど あなたもあの人と同じ天使なのね……。
でも私にとって天使はあの人だけ。その首かざりをくれたあの人だけ。さあ私に返して。

ナインは星空の首かざりをラテーナにわたした。

ああ……。見える……あの人が……。

(水辺に謎の天使が倒れている)

あの……だいじょうぶですか?
えっ これってつばさ……?この人はいったい……。


(謎の天使をナザム村に連れ帰る)

それじゃ あなたは ほんとうに天使なの?
あんな大ケガをしても生きてるなんてふつうの人間じゃないとは思ったけど。背中のつばさも本物なのね。
このナザム村はエルギオスという守護天使さまに守られてるって小さいころから聞かされてきたの。
まさか ほんとうに天使がいて しかも こうして会えるなんて!


(ナザム村の入り口にガナン帝国軍がやってくる)

(ラテーナの祖父)なんじゃおまえさんがたは。この村にめぼしいものなどない。すぐに出ていってくれ。

そうはいかぬ。この世のすべてはわがガナン帝国のもの。
たとえこんなちっぽけでゴミためのような村でもな!

われわれには さしだせるようなものなど何もないわい。

フン……そうかな?
モノとは限らぬ。あの娘はなかなか きりょうが よさそうではないか。

娘をさしだせというのか!?

クククク……。

(エルギオスが感づいて家から飛び出す)


いやです!はなしてっ。

来るのだ。さもなくばこの村がどうなるかわからんぞ?

や やめるんじゃ。ラテーナを返せっ。

じいさんはひっこんでな!

(エルギオスの攻撃がガナン帝国兵を倒す)

うぎゃあああっ!
こ……このチカラ?キサマはまさか……。
ガナン帝国に逆らうなど!それがどれだけおろかなことか あとで思いしらせてくれる……。
退却だ!退却しろーっ。

私のせいであの人は……。
だから私はあの人をさがしつづけなければならない……。
首かざりを見つけてくれたお礼にあなたの願いを聞くわ。私にできることならなんでも。

あんたサ。村の人だったんなら魔獣の洞くつ……だっけ?そこの入り方とか知らない?

まあかわいい。妖精さん?

かわいいなんてそんな当たり前のこと言われましても。それにアタシは妖精じゃ……
いやいやそんなことよりも魔獣の洞くつの入り方を知ってるのかハッキリしなさいヨ!

魔獣の洞くつの入り口の封印を解く方法なら知っているわ。
それじゃ私は先に魔獣の洞くつに向かっているから……。

(ラテーナが去る)


やったじゃんナイン!これでドミールってとこに行けそうなヨカンがしてきたヨ。
とにかくあの ゆうれいのあとを追いかけましょ。魔獣の洞くつは西のほうにあるって言ってたよネ。

魔獣の洞くつ

ナインは立て札を読んだ。
像が見守りし地に光の道を封す。決意なき者は近よるなかれ。


あなたたちが言っていたのはここのことでしょう?
私はここを開ける呪文を知っているから……。
われはナザムに生まれし者。ドミールをめざす者に代わりて光の道を求める。
われの祈りにこたえよ!

なんとふしぎなカベが消えさった!

私にできるのはここまで。あとはあなたにまかせるわ。私は旅立たなくてはならないの。
あの人を……エルギオスを見つけなければならないから……。

(ラテーナが去る)

最深部

巨大な石像が台座の前におかれている。
どこからともなく おもおもしい声が聞こえてきた!

われは光の道を守る者。なんじ竜の門を開くことをのぞむならば……。
なんじの勇気をわれに示せ!
ガ…ガガガガ……。
ガッ!
ドン!

(石像が割れて大怪像ガドンゴが出現する)

ゴォォォォォ!!

(戦闘 → 勝利)


その勇気しかと見た。
光の道をなんじに示す。空の英雄グレイナルのもとへと旅立て……。

(大怪像ガドンゴが消滅する)

こんなおっかない番人がおそってくるなんて聞いてないよー。倒せたからいいんですケド!
それよりナイン。そこの台座の上の矢みたいなのがもしかして光の道を開くとかってヤツ?

ナインは台座をしらべた。
台座には文字の刻まれたプレートがかかげられている。ナインはプレートの文字を読んだ。
光の道を矢と変えここにおさめる。
竜の門にてこの矢を放て。さすれば竜の門は開かれん。
台座の上には光かがやく矢がおさめられている。
光の矢を取りますか?

  • >はい

    ナインは光の矢を手に入れた!

  • >いいえ

    (なにもなし)

竜の門

竜のカオがえがかれた石板が埋められている。
ここから光の矢を空に向けて放ちますか?

  • >はい

    ナインのふところにある光の矢がかがやきだした!
    どこからともなく おもおもしい声が聞こえてくる……。
    光をかかげ空を射抜け。さすれば光はなんじをみちびく。

  • >いいえ

    (なにもなし)

ナインは弓に光の矢をつかえ空に向けてかまえた。
(光の矢が放たれ、光の橋が出現する)

おー やったじゃんナイン。あんたはできる子だとアタシは思っていたよー ウンウン。

おおーい!

んんっだれか来た?


(ティルたちが駆けつけてくる)

なんだナインではないか。ここでなにをしておるのだ?
なにか強い光が村から見えたのでかけつけたんだが……むむっ。
こ これは いったい!?橋が……光る橋がかかっておるぞっ。

すごいやすごいや!これナインさんがやったんだね?

ドミールへの道をめざす者現れし時。像の見守りし地に封じられた光で竜の門を開くべし……。
それはこういうことだったのか。ただの言い伝えではなかったと。そういうことなのか……?

ナインさんは黒いドラゴンを追っかけるつもりなんだよ!

むむう……。
ナインどのがあの黒いドラゴンにおそわれ生きのこったというのも本当のことだというわけですな。
われわれは あなたを信じようともせず過去のわざわいにおびえ よそ者を近づけまいとしていたのか……。
先ほどまでの無礼をあやまりたい。どうかおゆるしくだされ。
この橋の先にあるドミールの里には空の英雄グレイナルがいるという言い伝えも残されております。
グレイナルと会うことができればなにか黒いドラゴンに対する手立てがあるかもしれませんぞ。

村長さん!ナインさんならきっとグレイナルに会えるよ。黒いドラゴンもやっつけてくれるんだ!
ボクは信じてるから!がんばってねっナインさん!!

……どうかお気をつけて。ご武運を祈っておりますぞ!

ナインさん元気でね。黒いドラゴンやっつけたらまたナザム村にあそびに来てね!

(ティルたちが帰っていく)


なんかいつの間にかナインが黒いドラゴンをたおすことになってるんですケド?
どのみち黒いドラゴンを追いかけて果実の手がかりを探さなきゃだしキアイ入れていきましょーかネ。