ドラクエ9セリフ集

12.グビアナ城

登場キャラクター

  • サンディ

  • ユリシス

  • アノン

  • 魔物

  • 幽霊

グビアナ城

天使像の前

ありがたやありがたや。砂漠の守護天使さま……。
旅のおにいちゃんも守護天使さまへお祈りしときなされ。砂漠の旅はキケンがつきものだでな。

グビアナ城 1F

ユリシスさまはやれワガママだ自分勝手だといわれているが……。
あれだけの美人ならオレはぜんぜんオッケーだぜ。わっはっはっは。

先代王ガレイウスさまはとってもいだいなお方でした。
民が豊かにくらせるよう治水をし砂漠の魔物に立ち向かうため兵の強化にもはげんでおられました。
しかしユリシスさまはその意志をつがず ぜいたくに明けくれるばかり……。
グビアナはこの先どうなってしまうのでしょう……。

女王さまが沐浴場をつくったせいで大きな地下水路がひとつつぶれてしまったんじゃよ。
女王さまがたいどを改めんといずれこの国はしんこくな水不足にあえぐことになるじゃろう。


ここは女王さま専用の沐浴場である。

とびらの向こうから声が聞こえる……。

……まあ女王さまったらまたおムネがいちだんと大きくなられて。おうらやましいわ。

……とこのように女王さまは侍女と沐浴を楽しんでいらっしゃる。中に入ることはまかりならん。


なんですと?アナタ黄金の果実をさがして旅をしているというのですか?
いや~一歩おそかったですな。私その果実をひろったのですが女王さまにさしあげてしまいましたよ。

2F

本に書かれた伝説によると黄金の果実はクチにした者の願いをかなえると聞きます。
女王さまの持っている果実がその伝説の果実なのでしょうか?ウフフそんなハズないわよね。

(大臣)
そなた旅の者か?わが城にいったい なに用じゃな?
……ほう。黄金の果実をさがして ここまでやってきたのか。
たしかその黄金の果実ならある旅の商人がユリシス女王さまに さしあげていたはずじゃが……。
女王さまはタダの旅人などとけっして顔をあわさぬお人。お目通りはかなわん……。
……っとそうじゃ!旅の者よ。じつは今このグビアナ城ではこまったことがあってな。
それを解決してくれればおぬしを女王さまにお目にかかれるよう はからってやろうではないか!
どうじゃ ワシのたのみを きいてくれるか?

  • >はい

    そうかそうか。それではさっそく用件を言おう。
    じつはな女王さまのペットである金色のトカゲをジーラという侍女がにがしてしまったんじゃ。
    おぬしにはそのトカゲをさがす手伝いをしてほしいんじゃよ。
    ジーラなら下の階のろうかでまだトカゲをさがしているはず。話を聞いてみるがよい。
    金色のトカゲは女王さまの心の友とも呼べる大切なペット……。よろしくたのんだぞ!

  • >いいえ

    なんじゃい。ツレないのう……。

屋上

わっ!
ビックリさせないでくださいよ!私はあやしい者じゃありません!
釣りをシュミにしているいたいけな中年です。そっとしておいてください!

先代ガレイウスさまの奥方はユリシスさまを産んですぐに亡くなられてしまってのう。
それゆえユリシスさまは母の顔を見たことすらないんじゃ。
ワガママばかり目につくが ふびんなところも あるんじゃよ。あのお方はの。

1F

(ジーラ)
アノンちゃーん。アノンちゃーんどこにいるのー?どうしよう私のせいで……。
あら なにかご用ですか?私は今トカゲのアノンちゃんをさがすので いそがしいんですけど。
へ?トカゲをにがした侍女のジーラは私かですって?たしかに おっしゃるとおりですが……。
まあ!アノンちゃんをさがすのを あなたも手伝ってくれるのですか!?ありがとうございます!
それでは私はひきつづき このあたりを さがしますから あなたは ほかの場所をお願いします。
そうそう!あのコ大きな音がニガテで人のいない場所が好きなんです。
だからそういった場所で はくしゅ でもすれば おどろいて顔を出すかもしれません。
それではよろしくお願いしますね。ほんとうに助かりますっ!

グビアナ城の横の庭

(しぐさ「はくしゅ」をする)
(トカゲのアノンが飛び出して逃げていく)

(アノンを捕まえる)
ナインは金色のトカゲをつかまえた!

グビアナ城 2F

(大臣)おお!そのトカゲはまさしく女王さまのペット アノンちゃん!
でかしたぞ旅の者!それでは約束どおりおぬしを女王さまに会わせてやろう!


(大臣)ユリシス女王さま。この者がアノンちゃんを見つけた旅人のナインでございます。

おだまり……大臣。そんな旅人のことなんて あとでいいわ。
ねえジーラ?アノンがにげだすなんて これまでにあったかしら?
お前は……いったいアノンになにをしたの!?

(ジーラ)も…申し訳ありません!いつもどおり お世話をしてたら 急にいなくなってしまって……。

言いわけをしてもムダ……。お前は今日かぎりでクビよ。荷物をまとめて出ていきなさい。

(ジーラ)そ…そんな……!

で?あなたはこの私にどんなご用かしら?
そう……。私に黄金の果実をゆずれとおっしゃるのね?
それはムリな話だわ。なぜって……?
今私の手元に黄金の果実がないんですもの。
お風呂から出たら果実がなくなっていたの。
どうせどこかのドロボーネコがぬすんで食べたんでしょうけど……。

(ジーラ)そんな 私は……!


じょ…女王さまっ!大変でございます!
そ…それが……アノンちゃんが見つかった草むらを調べていたら こんなものが……!

(黄金の果実を取り出す)

それは黄金の果実!?
どうしてアノンちゃんが……?
ま 果実がみつかりさえすれば ささいなことは気にしないわ。

どう?この果実あなたにさしあげてもよくてよ?

  • >はい

    アハハハハ!やだ本気になさったの?あなたに あげるわけ ないじゃない!
    私この果実をスライスしてひと切れのこらず沐浴場にうかべようと計画しておりましたの。
    黄金果実のお風呂に入ればおハダがもっとスベスベになるに ちがいありませんもの。
    うれしいでしょう?あなたのさがしている果実はこんな名誉な使い方されるのよ。

  • >いいえ

それではアノンちゃん?ばっちい旅人さんに さわられたから さっそくお風呂に行きましょうねー。

(ユリシスがアノンを連れて去る)

なによあれー!?超カンジわるいんですケド!ホントに女王さま!?
ねえナイン今の聞いた?アイツ女神の果実をスライスするとか言ってたよネ!?
女神の果実をスライスなんかしたらなにが起きるかわかんないヨ!マジ ヤバいって!!
すぐに追っかけて止めなきゃ!女王たちが向かった沐浴場までダッシュで行くヨ!


(ジーラ)私クビになっちゃいました……。でも女王さまがお怒りになるのも もっともだと思います……。
……先代王は忙しさのあまりずっとユリシスさまをひとりぼっちにしておられました。
アノンはそんなユリシスさまのさびしさを うめてくれた大切な友だちだったのです……。
旅人さんありがとうございました。あなたのおかげで女王さまはひとりぼっちにならずに すみました。

沐浴場

ここは女王さま専用の沐浴場である。

とびらの向こうから声が聞こえる……。

いい?お前たち?これからこの果実をスライスして黄金の果実風呂をつくるから。
果実をうす~く切って沐浴場全体に散らしてくれる?さあすぐにとりかかって。

……とこのように女王さまは果実風呂の用意をしていらっしゃる。中に入ることはまかりならん。

えー!中に入れてくれないワケ!?早くしないと女神の果実が全部スライスされちゃうっつーの!
こうなったら手段は選ばないわ。お城の人に聞き込みをして沐浴場に入る方法を見つけるのよ!

屋上

なんですと!?女王さまの沐浴場に入る方法を教えてほしいですって?

  • >はい

    ……なにか深いワケがあるようですね。しかたがありません。とっておきの情報をお教えしましょう。
    ここを流れる水は沐浴場に流れおちています。すなわち……!
    ここにとびこめばおのずと沐浴場までたどりついちゃうんですよ!
    しかし!ここからとびおりたら大ケガするかもしれません!それでもいいんですか?
    なんですって!以前上空から滝つぼに落ちても大丈夫だったですってっ!?
    そ そこまで言うなら見せてもらおうじゃありませんか!アナタの落ちざまを!

  • >いいえ

(ナインが沐浴場に飛び降りる)

沐浴場

キャーーーー!!!

ちょっとあなた?ここがどういう場所かご存じ!?いったいなにをしに……
もしかしてあなた……黄金の果実を取り返しにきたのかしら?
アハハハハハ!もう手おくれだわ!見てのとおり果実はぜ~んぶスライスしてしまったもの!

(ユリシスのうしろでアノンがスライス果実を食べる)

アノンちゃーん。ごめんなさいねー。ビックリしたわよねー。もうだいじょうぶですよー。
……アノンちゃん?

(アノンが浮かび上がり魔物に変身する)

キャーーーーーーーー!!!!!

ひぃぃ!アノンちゃんがッ!アノンちゃんがぁーー!!
キャーッ!たーすーけーてー!!

(アノンがユリシスを井戸の底に連れ去る)


ガクガク……。ア…アノンちゃんがバケモノに……。
あ…あの果実は食べた者をバケモノに変える悪魔の果実だったのね!

じょ……女王さまがさらわれちゃった……。
でもこれはきっと天罰よ!ワガママしほうだいの女王さまに天罰がくだったんだわ!

沐浴場のほうがさわがしかったので かけつけてきたのですが……。なにかあったのですか?
まあ!アノンちゃんが魔物になって女王さまを……!?
フンいい気味だわ!このまま女王さまが いなくなればいいのにって みんな思ってるはずよ。

(ジーラ)
女王さまの悲鳴が聞こえたのであわててとんできました!いったいなにがあったのです!?
そんな!アノンがバケモノに変わり女王さまを……!?な…なんということを……。
ご両親の愛をまともに受けられずその上心の友であるアノンにまでうらぎられるとは……。
ナインさまっ!お願いです!女王さまをお助けください!
今度こそ女王さまは立ち直れなくなってしまうかもしれません。お願いします!ナインさまっ!

グビアナ地下水道

B1F

(ガレイウスの幽霊)
私の名はガレイウス。女王ユリシスの父……つまりこの国の先代王である。
旅の者よ。私の……このおろかな父の話を聞いてくれ。
私は……王としての名声を求めむすめのユリシスのことには見向きもしなかった……。
ユリシスを人の心がわからぬワガママな女王にしてしまったのはほかでもない私なのだ……。
しかし人の温もりを知らぬまま孤独に生きるむすめを見守るのはあまりにも悲しすぎる……。
旅の者よ……どうかユリシスを助けてやってくれ。おろかな父の願いを……。どうか……。

B3F

だ…誰か助けて……!

奥からユリシス女王の声が聞こえた。


……た…助けて……。ア…アノンがものすごい勢いで言いよってくる……。

……なあユリシスはん。わてといっしょにこれからスウィートな人生を……。
あっお前はっ!わてを草むらから つれもどした けったいな旅人やないか!
お前のせいであの木の実を使ってわての夢をかなえようっちゅう計画が台なしになるとこやったんやぞ!
動物的ホンノーがうったえかけたんや!あの木の実を食べたら人間になれるっちゅうてな!
そんでわては人間になったんや!どやっ!イケメンやで~っ!
ま ちょっとカッコよくなりすぎてユリシスはんも たじたじやけどな。

……ヤ…ヤバいよナイン。コイツこのカッコで自分のこと人間だと思い込んでるって……。

は~ん?なんか言うたか?そんなことよりもな お前らなにしにきたんや?
長年想いつづけたユリシスはんと いっしょになろうっちゅう わての夢をジャマしにきたんか?

ハァ?あんた女王さまのことが好きだったってワケ?トカゲのくせに?

じゃかぁしいっ!ようやく人間になれてそのチャンスがめぐってきたんや!
ワテのジャマするヤツはゆるさへん……。ゆるさへんぞーーーーッ!!

(戦闘 → 勝利)


ア…アンタと戦ってわては気づいてもうた……。
わて人間とちゃうわ……。人間はクチから火ぃふいたりせえへんもんな……。
……せやけどここで くたばるわけには イカンのや。ユリシスはんを あの城に……
あの敵だらけの城に帰すわけにはイカンのや……。わては死ぬまでやるで……。

(ジーラ)お待ちください!

ジ…ジーラ……!

ハァハァ……。お待ちくださいナインさま!
……もうこれ以上アノンをキズつけるのはやめてください……。アノンにもしものことがあったら……。
女王さまはもう誰にも心を開かなくなってしまいます……!

ジーラ……なぜ?あんなに ひどいことを言ったのに なぜそこまで私のことを……?

私は見てしまったのです。女王さまがアノンの前で涙をみせながら話しているのを……。
……ワガママな自分がきらい 両親がいなくてさみしい……。女王さまはそうおっしゃっていました。
私は……そのお気持ちをアノンだけにではなく私たちにも打ち明けてほしいのです!
つらい気持ちを分けあえば女王さまも変われるはずだから……。

ジーラ……。

……あの城にはジーラはんみたいな やさしいお人も いたんやなあ……。これじゃあ わては ピエロやで……。
わてはチカラずくであの城からユリシスはんを ひきはなそうとした。トカゲの浅知恵やったわ……。

……なあ旅人はん。
わてにはわかる。アンタも人間とちゃうやろ?しかも木の実にくわしいとみたで。
わて もう こんなチカラいらん。トカゲに戻ってユリシスはんといっしょに くらすことにするわ。
この木の実アンタにたくすで……。ジーラはんのようなお人がいればもうユリシスはんは大丈夫や……。

(アノンの体が光る)

おおきに……。天使のような旅人はん……。

(アノンが元に戻り女神の果実が出現する)
ナインは女神の果実を手に入れた!

あなたも私のことをずっと想ってくれてたのね……。ありがとうアノン……。

グビアナ城

2F

ナインといったかしら。ありがとう。命がけで私を助けにきてくださって。
……私はこれまで自分のことを見てくれる人なんて誰もいないと思ってたわ。
けれど今回の件で思い知ったの。
ジーラやアノン……。私のことを大事に思ってくれてる人がいるということを……。
本当にありがとうナイン。これからはみなとチカラをあわせ女王として国をもりあげますわ。
気が向いたらまたグビアナにもいらっしゃって。アノン共々お待ちしておりますわ。

キョッ キョッ。

(大臣)アノンの一件があってから女王さまが国のことに関心をしめしたんじゃよ!
うう……先代よ~~!ユリシスさまはリッパに女王として成長していますぞー!