ドラクエ9セリフ集

10.カラコタ橋~石の町

登場キャラクター

  • サンディ

  • ラテーナ

  • 魔物

  • 幽霊

カラコタ橋

……いない。この町にも。
!まさか……。

(ナインの顔をまじまじと見る)

………………。
……ちがう。ちがうわ。
……どうかしてる。旅人を天使と見まちがえるなんて。

…………?あいつ前にもどっかで見なかった?
まあいいか!それより果実を探さなきゃ。ゴー!ゴー!

キャプテン・メダルのテント

(家来)
キャプテン・メダルが集めた財宝がほしいなら世界中にちらばる小さなメダルを集めてくるがよい。
キャプテン・メダルはメダル王家の血を引く高貴なるお方。くれぐれも そそうのないようにな!

(キャプテン・メダル)
オレの名はキャプテン・メダル。世界中のちいさなメダルを探しもとめる風来のメダル王さ。
オレはこれまで7つの海をわたり世界中の財宝を手に入れてきた。……そして気づいたのさ。
シンプル・イズ・ベスト!この小さなメダルこそが世界でもっとも美しい……とな。
どうだい旅人さんよ。もし旅先でメダルを見つけたならオレに持ってきてくれねえか。
ちいさなメダルを持ってくりゃあどんなお宝でもくれてやるぜ。

町の人々

こないだ橋の近くにキラキラ光るヘンテコな果実が落ちてきたらしいんだ。
この町の誰かがひろったって話だがええっと……誰だったっけなあ?

へへへ見てくれこの皮のくつ。ひろった金ピカ果実と交換したんだ。ぴっかぴかだろ?心はずむだろ?

いやあまさか皮のくつと交換して手に入れた金ピカ果実がこんな高値で売れるなんてよう。
ん?あんたも金ピカ果実がほしかったのか?
果実ならビタリ山のふもとに住んでる変わり者のラボオのじじいが買っていったぜ。
ビタリ山ならカラコタ橋を渡って道沿いに東のほうへ行けばいい。後は立て札を見てきゃわかるよ。
しかしあのラボオのじじいがこんなに金を出してくれるなんて いったい どういうつもりなんだ?


(神父?)へっへ……オレ一度はこの神父さんってのやってみたかったんだよ。
さあ言いな。ここは教会だ。用があるから来たんだろ?

  • >おいのりをする

    へへっ……それじゃオレにこれまでの行いを洗いざらい話してもらおうか。
    そいつをこの冒険の書に記録しちまうが いいんだな?

    (>はい)よーし!よし!ちゃんと書いたぜ。ぜーんぶな。
    それで?あんたまだ冒険を続けるつもりなのか?

    (>いいえ)あ そう おお神よ!こいつに ひとときの 休息をあたえたまえ~い!

    おつかれさまでした。このまま電源をお切りしやがれ。

    (プレイ再開)おう!よくまたもどったなナイン!

  • >やめる

    それじゃ あんたが今日も一日生き永らえるように神さまに祈っといてやるぜ。

ビタリへいげん

山小屋

机の上に日記が置かれている。ナインは日記を読んだ。
……遠い昔。私は泣く恋人に5年で戻ると言い聞かせ修行の旅に出た。
私はひたすらに掘った。気づけば約束の5年などとうにすぎていたが気にもとめなかった。
けれどようやく故郷の村に戻った私が目にしたのはすでに他の男と結婚した彼女の姿だった。
……すべては過ぎ去った話。この老いぼれが若かったことの話。だがそれでも……。
……私は北のビタリ山へ行く。終わりまであともう少し。この山小屋にはもう戻らないだろう。

ビタリ山

(入り口の彫刻)私の名はラボオ。私の想い 人生のすべてをこの山に残す。

石の町

民家

へぇ~っこの家は入れるようになってんだ……。
いったいこの町ってなんなの?全部石でできてるみたいだけど。
……ねえナイン。アタシたちこの町になんだか見おぼえない?
ずっと前にこんな場所って来たことなかった?町のまん中にあったでっかい木とか見おぼえない?

(スライム)プルプル……君だれ?どうしてここへ来たの?

(スライム)ラボオじいさんは ずっとここで ひとりで彫刻をほってたんだ。
何年も何十年もかけてこの町を完成させてじいさんは死んじゃった。
ラボオじいさんはね。最期にカラコタで買ったとてもキレイな果実を食べたんだ。
たった一度のぜいたくさ。じいさん その時言ってた……。
この町は自分のすべて……だからどうやったらいつまでも残せるだろうかって……。
でも あれから……

(地響きが起きる)

(スライム)きっ来た!
あれから なんだか怖い音が外から聞こえるんだ!!

(スライムが部屋のすみに隠れる)

(スライム)プルプル プルプル……。
君はここに来ちゃいけなかったんだよ……!


恋人たちの彫刻だ。手には料理の入った皿を持っている。どうやら食事の準備をしているようだ。
ふたりの表情はどこかさみしげに見える……。

民家の外

わッ!!!

(石の番人が登場)

だれだ……。
ラボオ……ではない。ならば……
私は番人。この地を荒らすお前を許しはせぬ……!

(戦闘 → 勝利)


オ……オォ…………。

(石の番人が崩れて消える)

何?今の?ちょーびっくりしたんだけど……。

(老人の幽霊が地下の階段へ降りる)

ナイン!今のおじいちゃんて もしかして……!

地下室

(ラボオじいさん)
すまなかったね旅の人よ……。
どうやらあの番人は私が不思議な果実にこの地の平穏を願ったばかりに生まれたようだ……。
だがあれは私の本意ではなかった。これでようやく私の小さき友人も安心できるだろう。

(ラボオじいさんの体が光る)

私は帰れぬ故郷の地を……手に入らなかった大切な物をここに作りあげたのだ。
そう……この地は幻影。老いぼれの見た最後の夢。だがそれでも……。
クロエ……私はこれで愛する君の元へ……故郷エラフィタに帰ったのだ……。

(ラボオじいさんが昇天し、女神の果実が出現する)
ナインは女神の果実を手に入れた!

地上

そっか……思い出した。ここって黒騎士さわぎのときに歌を聞きにきたエラフィタ村なんだ。
あのラボオっておじいちゃんの故郷だったんだね……。それを何十年もかけて……。

でもこのことを知っておじいちゃんの元カノはどう思うんだろう?
ねえナイン……。人間のすることって よくわかんないね。

民家

(スライム)ラボオじいさんはやさしい人だったよ。ぼく大好きだった。
だからぼく ずーっとここにいる。ここの番をするんだ!

エラフィタ村

いや~もういちど聞きてえなあ。ソナばあさんとクロエばあさんの でゅえっとをよう。
あのふたりが ちいせえころから 仲良しなのは村の中じゃ有名な話だべ。
そういやあ もうひとり 仲のいいヤツがいたと思ったが……。はて?なんつー名前だったべか。


(クロエばあさん)
まあ。ラボオに会った?山の上に石のエラフィタを作って……?
おもしろいこと言うのね。それにあなた いったいラボオの名をどこで聞いたの?
ラボオ……なつかしいひびき。
たしかに昔この村の生まれのラボオという名の青年がいたわ。私は彼と恋人同士だった。
でも彼はウデをみがくために旅に出てそれっきりこの村には帰ってこなかった。
裏切られたって思ったわ。私はあの人のことをずっと待って………………。
なのに……あの人が彫刻でエラフィタを……?そんなことあるはずないわ。
私にはとても信じられない。あの人はこの村を捨てたのよ。私といっしょにね……。
それにあなたの言ったことが本当だとしてももう今更おそいわ。時間は決して戻せないのよ……。

(クロエばあさんの夫)
うんと昔の話じゃがのう。わしゃクロエを射とめるためにそりゃもう苦労したんじゃよ。
当時クロエには旅に出たまま帰らない別の恋人がいての……なっとくするまで10年待ったよ。
それでもこんなに すてきな奥さんを持てたんじゃ。わしゃ世界一の幸せもんじゃよ。